投稿

じわじわ楽しくなってきた

イメージ
さあさあ「コナン:エグザイル」だよ!正直な所、現在停滞中なんです!せっかく鉄や石炭が手に入るようになったというのに、そして、それらを加工できるようになったというのに、まだ何も作れないんです!かー!ちくしょう!こうなったらレベルをあげるしかない!…というわけで、鉄を取りに行くぜー!まだ使えないけど、「いつか鉄が足りないぜ!」なあんて言う日が来るのは目に見えてるんだ!ちなみに崖をよじ登れるようになったのね。「ゼルダ」みたいに、スタミナが許す限り、よじ登れます。このよじ登りが追加されたことによって、集落に忍び込みやすくなった気がするよ!集落に忍び込んでお宝を盗んだり、一撃食らわして逃げて、一撃食らわして逃げて…を繰り返すことも可能になったかもしれないよ!ま、ボクの経験から言うと、うまくいくかどうかは五分五分だね!(なんじゃそりゃ)さあそういうわけで鉄だよ、鉄!ついでに硫黄も取ってさ……って蜘蛛ぉー!!毒を吐き出して攻撃してくるのがズルいんだよ!かー、ちくしょー!久しぶりに死んだぜー!そういえば、なかなか死ななくなったのは新しい装備品のおかげね。うおおお、オールヌードでよじ登るぜー!ギリギリ見えてないと思うけど、”ぱっかーん”かもしれないから画像をクリックする際には要注意です。やったー!鉄だ!いや違った、石炭だった!いっつも間違えるぜー!結局石炭ばっかりたくさん採っちゃったから、一旦帰ろう!…と思ったら、大きな集落発見!20人くらい住んでるんじゃないかな。ううう、お宝を狙いたいけど、さすがに大人数すぎるから、ここは我慢だぜー!看板を作れるようになったので、表札を作りました。えへへ。少しずつ充実していくのが楽しいなあ。素材を採っても、何かを作っても、経験値をもらえるので、意外とキャラクターの成長は早いです。とはいえ、ちょっと時間がかかりすぎるゲームかもしれないなあ。

懐かしいことを沢山言う(歳だから)

イメージ
さあ「ヨーロピアンエアーウォー」でもプレイすっか!…あ、違った「コール・オブ・デューティ:ワールド・ウォー2」だった!ちなみに「ヨーロピアンエアーウォー」というのは、昔のフライトシミュレーターゲームだけど、ゲームを初めたらいきなりすげえ沢山の飛行機が飛んでて「ふわー、すげー!」って唸ったもんですよ。そういえば最近はフライトシミュレーターが全然発表されないもんだね。生き残ってるのって「エースコンバット」くらいだもんね。全世界的に人気ないのかな。そんな事はともかく、「コール・オブ・デューティ」ですよ。どうやっても戦闘機の操作方法に慣れなくて、敵も味方も撃墜しまくっちゃいました。懐かしついでに、思わず”味方殺しのカムジン”なんて単語が頭をよぎったよ。でもステージクリアできたので、良かったです。でへへ。ボクの上司のピアソンさんは、任務遂行のために自分の命を捨てちゃうお方だ!非常に勇敢なんだけど、部下の命も平気で捨てちゃうお方だから、ボク的には「最も上司にしたくない男性ナンバーワン」だ!上のシーンでは「オレはここに留まる!この場所に爆撃を要請してヤツらを一網打尽にしてやるんだ!ていうか、爆撃ってどうやって要請するんだ!?おい、お前、おしえろ!」みたいなシーンで、イラッとしました。ダニエルズさんのお兄ちゃんがトミー・リー・ジョーンズをCGで若返らせたような顔をしていてビビりました。なんなの?兄弟なのに、なんでこんなに似てないの?いつ兄ちゃんが「ハッパ!」って言うかと思ってヒヤヒヤしたよ!ダニエルズさんの奥さんは、なんとなくジュリエット・ルイスみたいな感じでした。というわけで、クリアしたぜー!こう言っちゃあ悪いけど、「コール・オブ・デューティ」にしては、意外と物語が面白くて、ボクとしては珍しく、物語をちゃんと追いながらプレイしました。振り返ってみると、それほど面白い物語ではなかったけど(面白くなかったのかよ)、物語的にメリハリがありそうで無かったところが逆にリアルな感じで良かったかもしれません。さあお次は「コナン:エグザイル」だよ!なんて名前だったか忘れちゃったけど、右にある装置を作ったんだよ!そしたら布製の防具を作れるようになったんだ!動物の皮が足りなく胴体部分しかグレードアップできてないけど、確実に進化してるぜー!炉も作ったよ!呂明賜(ロ・メイシ)だよ!呂さんは、昔巨人にい…

夜に灯りがあるってステキね

イメージ
いやっほー!「コナン:エグザイル」の時間だよ!最初のスクリーンショットから瀕死の状態なんだけどさ、このゲームってダメージを受けると画面に血の枠ができちゃうんだよ!そして、その枠は画面左上に表示されているステータスアイコンにもかぶっちゃうから、ヒットポイントがどれくらい残っているのか、分からなくなっちゃうんだ!ぎゃふん!砂漠だ!砂漠は暑いんだ!「暑い」→「すげえ暑い」→「ちょー暑い(もうホント、馬鹿みたい)」みたいな気温レベルがあるんだけど、「ちょー暑い(もうホント、馬鹿みたい)」を初体験したよ!そんなエリアに入って数秒で熱中症になり、速攻で死んだよ!くはー、なんてサバイバルなゲームなんだ!考えてみたらこのゲームって、ほぼプレイヤーに不利なステータスしかないじゃないか!もっとプレイヤーに有利なステータスをください!でも、”上機嫌”みたいな、キャラクターの機嫌が良いけど、何のご利益もない、みたいなのはイヤだなあ。…と思ったけど、それはそれであったらイイなあ。お、今、オレは機嫌いいのかー!みたいな。自分の死体から装備品やアイテムを回収するため、全裸で駆け回るよ!今度はお昼じゃなくて夜に砂漠につくようにしてみよう!夜なら、きっと気温もデッドリーじゃないさ…と思ったら、幽霊発見!幽霊の後を追うと、キャンプの跡があったよ!うおおお、キャンプといえば、だいたいすぐ近くに宝箱的なものがあるはず!…と思ったけど、何もなかったよ。ぎゃふん!うおおお、夜くらいにつこうって思ったのに!そう思ってたのに、自分の美尻に見とれてたら、そんなのすっかり忘れてお昼に砂漠到着だ!「ちょー暑い(もうホント、馬鹿みたい)」な気温はデッドリーだぜー!ほらほら、あっという間に熱中症になったよ?ほらほら、あっという間に死んじゃったよ?…というのを5回も繰り返し、ようやくアイテムを回収できたぜー!上のスクリーンショットがなんとなく切羽詰まった感じなのは、実は複数のモンスターに追われているからです。早い話が逃げてるんです。こんなに頑張ったのは、石炭が欲しかったからなんですよおおお!結局石炭は、砂漠とは真逆の方にあり、近くに蜘蛛のバケモノがいたけれど、逃げまくりながら、どうにか採れました。そして石炭を使って、”壁掛けたいまつ”を作ったぜー!へいへい、見てくれよマイハウス!真四角な豆腐ハウスだけれど、灯りが灯ったんだ…

エログロバイオレンス再び

イメージ
さあさあ久しぶりに「コナン:エグザイル」で遊ぶのさー!アイコンがクラーケンな感じになって「ああ、デカいアップデートがあったのね」とは思ってたんだけど、そう思っただけで全然遊んでなかったんだ!ちょー久しぶりに遊ぶから、最初っからプレイだ!どうせアップデートされてるから色々変わってるから、まあいいさ!うおおお、「ぎゃー!」と吠えていなくなるはずのバケモノが、その場からいなくならない!ていうか、当たり判定もないから、体が透き通ってるぜー!むむう、先行き不安なゲームの仕上がりだぜー!ええとね、ゲーム中にね、ESCキーを押して、晩御飯を食べて戻ってきたら、こうなってたの。胴体から真っ二つになってたの。うおおお、ひどいぜー!このゲームの夜は、本気で暗いよ!全く見えないんだから!原始時代の夜の恐ろしさを素晴らしく再現しているよ!(知らないけど、きっとそうなんでしょう)家の開発に着手しました!とりあえず、9畳1間(?)な家を作ることにしたぜー!まだ屋根がないんだ。屋根を取り付けちゃうと、夜の家の中では、本気で何も見えないよ!一応、窓付きの壁を2つ作ったんだけど、全く灯りが入ってこないさ!あれ、あんなダチョウみたいな敵いたっけなあ?アップデートの賜物かもしれません!早速鶏肉をいただきましょう!ダチョウとの戦闘に勝利して、ちょっと調子こいたら、デカい亀とジャッカルのタッグに襲われて死んじゃったぜー!くそう!全裸スタートなのは変わらないし、突然裸体が表示されて、思わずギクッとしちゃうのも、変わらないんだぜー!死体は、死んだ場所でそのままになってるし、地図に死亡場所が表示されるので、アイテムの回収は楽ちんです。このゲームは燃料が非常にシビアで、焚き火を作っても、燃料となる木材をセットしておかないといけません。また、人の燃料である食料については、調理してステーキにしても傷んでしまうので、できるだけお腹が空いた時に食料を調達して、その場で食べるようにするのが正解かもしれません。(なかなか出来ないけど)うおおお、キャンプファイヤーのまわりにいた人たちをジャッカルの群れが襲っているところに遭遇だ!人間たちはジャッカルに噛み殺されちゃったので、残ったジャッカル2頭を倒したよ!んむふふふ、お宝はいただきだ。彼らが持っていたお宝は、ほぼ全て物資でした。ありがたいんだけど、すげえ沢山備蓄してたから、重く…